任意整理について

借金返済のための債務整理では、多くの人が任意整理を選んでいます。

任意整理とは、消費者金融業者と話し合い、借金の利息や支払額を減額してもらうことです。

話し合いならば法律事務所に相談する必要が無いのでは?と思う人も多いようですが、ここはプロに任せるのが1番です。

消費者金融業者は、基本的に個人との任意整理に応じてくれません。

また、借金に関して無知な弁護士にお願いすることも避けましょう。

この場合、消費者金融業者との話し合いはスムーズに進まないことがほとんどです。

任意整理において重要な法律が、利息制限法と出資法です。

どちらも利息の上限を定めた法律ですが、その割合には大きな違いがあります。

利息制限法の場合は100万円未満で18%、100万円以上なら15%となっています。

その一方で出資法の上限は29.2%です。

この利息の差が、任意整理において最も重要です。

差額となる14.2%の利息は、返還してもらうことができます。

このように利息を返還してもらうことで、そのお金を借金返済に充てることができるのです。

更に、任意整理をすることによって今後の利息は払わなくて良くなるケースもあります。

これも任意整理の大きなメリットです。

今まで払っていた利息を払わない分、短い期間で借金を返済することができるようになります。