自己破産って何?

借金返済において債務整理という言葉を知らなくても、自己破産という言葉は耳にしたことがある人も多いようです。

もちろん、自己破産に対して良いイメージを持っている人は多くありません。

債務整理の中でも自己破産は最もデメリットが多い方法ですが、どうしても借金を返済しきれない人には自己破産しか方法がありません。

自己破産をすると、借金の返済義務はなくなります。

そのため、これから先は借金の返済を催促されることはありません。

自己破産の最大のメリットは、借金返済から逃れられることにあります。

しかし、このような大きなメリットがある分、デメリットもたくさんあるのが自己破産です。

自己破産をすると、資産は手放すことが基本条件となります。

そのため、自宅や車などは全て処分されます。

また、自己破産は資格にも影響を与えます。

例えば弁護士や税理士などの資格がある場合、自己破産をした時点で資格は無効となります。

そして、最大のデメリットが借金の返済責任が保証人へ移ることです。

たとえ債務者本人が自己破産をしたとしても、保証人への返済責任は変わりません。

このような保証人に関係するトラブルは、決して少なくありません。

そのため、自己破産をするならば保証人のことも踏まえてよく考える必要があります。

任意整理について

借金返済のための債務整理では、多くの人が任意整理を選んでいます。

任意整理とは、消費者金融業者と話し合い、借金の利息や支払額を減額してもらうことです。

話し合いならば法律事務所に相談する必要が無いのでは?と思う人も多いようですが、ここはプロに任せるのが1番です。

消費者金融業者は、基本的に個人との任意整理に応じてくれません。

また、借金に関して無知な弁護士にお願いすることも避けましょう。

この場合、消費者金融業者との話し合いはスムーズに進まないことがほとんどです。

任意整理において重要な法律が、利息制限法と出資法です。

どちらも利息の上限を定めた法律ですが、その割合には大きな違いがあります。

利息制限法の場合は100万円未満で18%、100万円以上なら15%となっています。

その一方で出資法の上限は29.2%です。

この利息の差が、任意整理において最も重要です。

差額となる14.2%の利息は、返還してもらうことができます。

このように利息を返還してもらうことで、そのお金を借金返済に充てることができるのです。

更に、任意整理をすることによって今後の利息は払わなくて良くなるケースもあります。

これも任意整理の大きなメリットです。

今まで払っていた利息を払わない分、短い期間で借金を返済することができるようになります。

債務整理とは?

債務整理とは、借金による負担を軽くするための方法です。

方法によっては借金が減額される、または支払い義務がなくなります。

債務整理と言っても方法はいくつかあり、どの方法を選ぶかは法律事務所と相談して決定します。

参照サイト⇒債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

具体的な債務整理の種類には、任意整理、自己破産、自己再生、過払い金請求などがあります。

中でも最もメリットが多いのが任意整理、デメリットが多いのが自己破産と言われています。

これら2つに関しては、後ほどより詳しく説明します。

自己再生は、自己破産はしたくない人が選ぶ方法です。

自動車や自宅などの資産を手放さずに借金を減額することができます。

ただし、手続きには手間や時間が掛かるというデメリットがあります。

また、自己再生をすると10年間はブラックリストに載るため、新たな借金をすることができなくなります。

長期間借金の返済をしている場合、過払い金請求ができます。

過払い金とは、消費者金融に対して払いすぎてしまった利息のことを指します。

この利息を返還してもらうことで、借金を減額することができます。

この方法は手続きもそれほど手間が掛からず、ブラックリストに載ることもありません。

前述しましたが、このような債務整理をするには法律事務所への相談が必要です。

自身の借金に関わることですので、信頼できる法律事務所を選びましょう。

借金を返済したいなら

現在、日本では約300万人が借金返済の悩みを抱えています。

中には、借金が大きく膨らんで自殺に追い込まれる人も居ます。

自殺までとはいきませんが、夜逃げをしてしまうケースも珍しくありません。

このような事態にならないためにも、借金を抱えているのならばしっかりと返済方法を考えなければなりません。

とは言え、大きくなった借金はそう簡単に返せるものではありません。

そのため、借金の悩みは自分一人で解決しようとしないで下さい。

借金を返済したいのであれば、法律事務所に相談してみましょう。

最近では法律事務所のテレビCMを見かけることが多くなりましたが、まだまだ世の中に浸透していません。

返すことが困難になった借金は、法律事務所に相談して返済方法を考えることが大切です。

法律事務所へ借金返済の相談に行くにあたって、いくつか準備が必要になります。

まず、現時点でどれくらい借金があるのかを明確にし、必要書類を用意します。

法律事務所に行く際には、請求書や領収書など借金に関する書類を持参しましょう。

このような準備をすることによって、法律事務所での相談がスムーズに進みます。

また、法律事務所選びも重要になります。

法律事務所選びのポイントは、借金問題に強い法律事務所か、無料相談を行っているかの2つです。

必ずこの2つのポイントを踏まえて法律事務所を探しましょう。

法律事務所では、債務整理をお願いすることができます。

債務整理にはいくつか種類があるようですが、具体的にどのような方法なのかをまとめました。